噴火湾を臨む絶景キャンプ場 オートリゾート八雲に来れた ー 2022北海道犬連れキャンピングカー旅(6日目②)

大沼公園を後にして、予てから行ってみたいと思っていたキャンプ場「オートリゾート八雲」へと向かった。土曜日であったので予約できないかと思っていたが、当日の朝に電話したところ、運が良く予約することが出来た。

キャンプ場に向かう前に、八雲の町にある「井平鮮魚店」で海産物を購入した。

キャンプ場にチェックインしたのは15時半くらいになってしまった。指定されたサイトにADRIAを停めたところ、運転席からこの絶景。噴火湾を臨むこの景色を眺められたのはラッキーだ。

このサイトはこキャンプ場で一番景色が良いサイトだと思う。隣のサイトでは木が掛かってしまって海は見れない。キャンプ場のスタッフの方が気を使ってくれたようだ。

サイトは水場とAC電源付きの整えられたサイトで、面積は非常に広く確保されている。直火可能なブロックとテーブルとイスが設置されていた。

思わず、天窓から記念撮影。

ノエルとリオンも広い芝生でご機嫌だった。

ただ、犬が散歩して良い区域が厳格に分けられていて、このサイトの一角しかワンコが入れないのが残念だった。

その代わりにドッグランが準備されていたので、暗くなる前に遊びに行った。

リオンが異常に可愛い顔で喜んでいた。函館で雨の中を散歩をする辛さを知ったからだろう。

看板が立っていて、ワンコが散歩出来るのはここまで。

ノエルとリオンを留守番させて、キャンプ場内を散策することにした。

17時近かったので、少し暗くなってきてしまった。この頃から少し風が強くなってきていた。

共用洗い場はこのように円形にデザインされた建物になっている。

八雲の「井平鮮魚店」で買ってきた刺身で一杯やっているうちに、風が大変に強くなってきた。タープを飛ばされている方もいた。

仕方が無いので、ADRIAの中でタフ丸ジュニアで海鮮焼きにしようと思ったのだが、食パンとは違って、これでは全然焼くことが出来なかった。

仕方が無いので、サイト据え付けのテーブルの上でフライパン焼きにすることにした。「道の駅なないろ・ななえ」で仕込んだ「王様しいたけ」はバター醤油焼きにしたが、風が強くてゆっくりと火を通すことができず、いまひとつの出来になってしまったのが残念だ。

晴れ待ちの甲斐あって、好天の大沼を散策 ー 2022北海道犬連れキャンピングカー旅(6日目①)

車外で焼いてADRIAの中で食べるという落ち着かない海鮮焼きになってしまった😑

←励みになります。応援クリックお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。