今日は妻念願のファーム富田へ!丸一日満喫 ー 2022北海道犬連れキャンピングカー旅(36日目)

「ふらのラテール」での朝は予報通りにピカ晴れ。というか、晴れる日に合わせて調整して、今日ここにいるという感じだ。今日はいよいよ、妻念願の「ファーム富田」に行く事にする。

朝食には、昨日美馬牛の「ゴーシュ」で購入したコーヒーとパンを食べた。モカ・イルガチョフが手に入った。

美味しい食パンが手に入ったので、「レストランバーチ」で買った手作りリンゴジャムでいただいた。美瑛尽くしの朝食だった。

「ふらのラテール」から「ファーム富田」までは踏切を渡ってすぐだった。「とみたメロンハウス」前の駐車場に入れるように案内された。

富良野に来たら、これを食べなきゃということでメロンを食べることにした。大人なので、真ん中にソフトクリームではなく青肉メロンの入ったものにしたそうだ。

「ファーム富田」にやってきた。「ファーム富田」の城壁のような壁と食べ物持ち込み禁止の表示に違和感を感じて調べてみた。「とみたメロンハウス」と「ファーム富田」は別資本との事だった。いろいろと複雑な事情とカラクリがありそうだが、多くの観光客が混同してしまうに違いない。

観光案内書でよく紹介されている景色を見ることが出来た。

ラベンダーもちょうど見頃の時期だったようだ。

ラベンダーだけでなく、数多くの草花が美しく整えられていた。

ラベンダーオイルの抽出方法は、ハッカの抽出方法と同じなようだ。

トラディショナルラベンダー畑にやってきた。ここは早咲きのラベンダーだったようで、少し盛りを過ぎてしまったのか、薄い色をしていた。

ラベンダーへの想いを感じられる。

トラディショナルラベンダー畑の上から十勝岳を望む。

森のラベンダー畑を背景に記念写真を撮った。

北海道産男爵いものサクサクコロッケの乗ったカレーと、北海道産とうもろこしのサクサクコーンクリームコロッケを食べた。混んでいた上に、リオンが落ち着かずにうるさかったので、落ち着いて食べることが出来なかった。しかも、ラベンダーソフトクリームも写真に撮ったのだが、逆光でソフトクリームのシルエットになってしまった💦

定番の写真スポットでも記念撮影。

ノエルとリオンはお散歩には満足したようなので、一旦ADRIAに戻って留守番させることにした。

「とみたメロンハウス」で、息子家族やお世話になっている親戚にメロンを送ることにした。

「ファーム富田」に再びやってきて、落ち着いてショップを見て廻った。

トラディショナルラベンダー畑の目の前にある「香水の舎」という建物にやってきた。香水を中心に取り扱うショップがあり、オリジナル石けん等を製造する工程を見学することもできる。

『「いつか自分の手で香水を作ろう」この思いからファーム富田は歩み出しました。』とある。創業者の富田氏はフランスまで行って香水作りを学んだそうだ。トラディショナルラベンダー畑に掲げられた看板に書かれた内容と合わせて、「ファーム富田」のルーツを知ることが出来た。他のラベンダー畑とは違う。

舎の奥にある展望デッキから春の彩りの畑と秋の彩りの畑、その向こうに十勝岳連峰を一望できた。手前にはハマナスの花が植えられていた。

ここで、ラベンダーとハマナスの透明石鹸やラベンダーのお香等を購入して、「ファーム富田」を後にした。店舗が閉まる時間まで丸々一日満喫した。

夕方になってしまったので、この日も「ふらのラテール」で車中泊することにした。「ふらのラテール」に戻ってきたのは18時頃になった。駐車場から夕日に照らされた十勝岳連峰が綺麗に見えた。

明日も天気が良さそうだ。

←励みになります。応援クリックお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。