山形市の釈迦堂河畔公園で満開の桜に出会った – 犬連れキャンピングカー旅

「立石寺」を後にして、もう一日蔵王を訪問しようかと思ったが、「エンゼルフォレスト那須白河」から始まった、思い付き山形の旅も10日目となってきたので、今回はこれで帰宅することにした。

出来るだけ走って疲れたら、どこかのサービスエリアで仮眠をする予定でADRIAを走らせた。山形市中心部の手前まで来たところで、川向うに桜が奇麗に咲いている公園を見つけた。満開であまりに奇麗だったので、一旦通り過ぎたものの引き返して散歩することにした。

川を分水して小川を作り、それに沿って遊歩道が整備されていた。

公園の桜はちょうど満開になっていた。喜多方で桜前線を追い抜いてしまったが、ここにきて再び桜前線に出会えた。

「馬見ヶ崎川」に沿って整備された「釈迦堂河畔公園」という名の公園だった。

テントを張ったら快適そうな、芝生の広場もあった。

山形には数多くの桜の名所があるが、ここは本当に身近な桜の名所だ。犬を散歩させている人が大勢いた。目黒川がこんなだったら良いのにと、ふと思ってしまった。

柳がちょうど芽を吹いて夕日に美しかった。

この日は結局、東北道の「安達太良SA」で車中泊となった。

翌11日目は「蓮田SA」まで走って、いつもの「牛たん炭焼 利久」でランチした。定番の牛たん定食。

季節のメニューで天丼定食。

「蓮田SA(上り)」は多くのショップが入っていて楽しい。「日乃本帆布」では以前にも買い物をしたことがあるが、今回はノエルとリオンの散歩の時に持つのに便利そうなバックを見つけた。

ワンコ道具が中に整理して収納ができ、お値段もリーゾナブルだった。

広々とした芝生の公園でノエルとリオンを散歩させる等して、結局2時間くらい「蓮田SA」で停まっていたことになる。この後は渋滞にも合わず順調に帰宅できた。

【今回のツアーのまとめ】

キャンプとその後の思い付きツアーで11日間の旅だった。山形県の北部まで往復約1,000kmの移動となった。47都道府県制覇の目標としては、今回新たに山形県を追加することが出来た。

さあ。次はどこに行こうかな。

←励みになります。応援クリックお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。