猪苗代スキー場から圧雪道を下って那須高原に寄り道 – 犬連れキャンピングカー旅

スキーツアー4日目。早朝に目を覚まして、ルーフウィンドウから周囲の様子を確認した。スキー場の関係者が一人出勤している他、車は停まっていない。断熱されているとはいえ熱が漏れている為か、ADRIAの屋根には2~3cm程度しか積もっていなかった。

ADRIAの周囲は係の人が雪かきをして、RVパークの駐車範囲を表示してくれていた。大した積雪にはならなかったようで安心した。せいぜい10cm程度だ。

ノエルとリオンの朝の散歩に出た。今日は駐車場に車がいないので、駐車場の新雪の上をロングリードにして散歩することにした。犬も新雪に足跡を付けるのが楽しいらしく、元気に走り回っていた。

ノエルもこの笑顔。熊のぬいぐるみのようにカワイイ。(親バカ)

ゆっくりと、いつもと全く同じ朝食を食べた。

チェックアウト時間は10時だったが、少し前くらいに出発することにした。その時間にはリフトも動いている時間だったので、いつの間にか駐車場は満杯になっていた。天気も悪く平日なのに、結構混雑しているのは意外だった。

全く轍が無い積雪10cm程度の道はスタッドレスで問題無く走れた。グリップしているのも感じられて、昨日のシャーベット状の雪とは全然違っていた。

駐車場を出てすぐのところにある軽い上り坂が問題だと思っていたが、除雪されていたこともあって無事に上がることが出来た。

その後は、ところどころに雪が残ってはいるが、除雪されていたのでエンジンブレーキを効かせて一定速度で下れば安定して走れた。

しばらく下ると路面は雪が融けている状態に変わった。もう大丈夫だろう。

ふとAirmoni4の数値を見ると、前輪-1℃、後輪0℃。タイヤの中の気温がマイナスになっているのは初めて見た。

磐越道に入ると、雪はちらついているものの路面は大丈夫な感じだ。

もう1日は余裕があるので、今日は那須辺りで寄り道をしようということになった。「那須黒磯IC」に着くころには、青空になっていた。日本海側は大雪だというのに、太平洋側は全く異なる。

黒磯駅前にある「黒磯駅市営駐車場」に停めることができた。

寄り道は「カフェ・ド・グランボア」で昼食を食べるのが目的だった。一昨年の夏にも来たことがある。

以前来た時はノエルが熱中症になるような真夏だったが、真冬の時期の光も良い。何度訪れても良いムードだ。

前回と全く同じだが、オムライスとグランボアライスを注文して、シェアすることにした。これを食べに来た。

セットのサラダのドレッシングがすごく美味しい。今回も買って帰ることにしよう。

ケーキも頼んでしまった。

店内にある大時計は、この建物が銀行であったころからずっと変わらぬものだそうだ。

大満足で「カフェ・ド・グランボア」を後にした。駐車場の料金を精算して驚いた。公共の駐車場であったこともあるのだろうが、1時間半も停めて50円だった。

スキーで筋肉痛になってきたので、ゆっくりと温泉にでも浸かろうということになって、以前にも行ったことがある「鹿の湯」に向かった。「那須街道」を上っていくと、右手にグランピング施設「NENN NASUKOUGEN」が新たにできていた。数多くのワーゲンバスが並んでいて、可愛い感じになっていた。温泉やレストランもあり良いのだが、キャンピングカーを受け入れてくれる訳ではないので、ご縁が無さそうだ。

標高1,100mの鹿の湯まで登ってきた。気温は2℃くらいあるのだが、体感温度は下界とは全然違った。

温泉に入る前に、ノエルとリオンを散歩させることにした。「鹿の湯」の上にある「温泉神社」のあたりを少し歩いたのだが、風が強くて死にそうに寒かった。ここには「殺生石」と言う「生き物を殺す石」という伝説が残る石もあって、只ならぬ雰囲気があった。

この写真の一部に写っているが、お地蔵さんが数多く供えられていて、雪に埋もれて首だけが沢山並んでいた。もう怖くなって、慌てて山を下りることにした。路面が凍結するのではないかと心配になって、「鹿の湯」に入るのは諦めて、下の方の温泉に行く事にした。

以前にも寄ったことがある「源泉 那須山」でゆっくりと温泉に浸かった。

夕食は「ダイニングキッチンあ・かうはーど」へ行く事にした。那須には何度も来ているのだが、この店はいつも満員で何度も諦めていたお店だ。今日は駐車場も空いていて入れるに違いないと見た。

「株式会社 敷島ファーム」という北海道と関東で牧場を経営している会社の直営のお店なので、高品質な黒毛和牛を食べられる。

おこちゃまなので、サーロインとハンバーグのコンボにした。

ガーリックライスは石焼のライスにオリジナルのガーリックソースを自分で混ぜて作る。石で軽くおこげが出来るのが美味しい。

店長さんやスタッフの人達もフレンドリーで、美味しいステーキをいただくことが出来た。昨年9月に「バナナマンのせっかくグルメ」で紹介されたそうで、それ以降年末まで弁当だけで1日300食以上も出て大変だったそうだ。こんなご時世にTVの影響はやはり大きいようだ。

この日は、勝手知ったる「道の駅 那須高原友愛の森」で車中泊。

←励みになります。応援クリックお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。