三重/京都/琵琶湖の旅⑥マイアミ浜オートキャンプ場(8日目)- 犬連れキャンピングカー旅

道の駅 びわ湖大橋米プラザ」で8日目の朝を迎えた。今日は「マイアミ浜オートキャンプ場」に行く事にした。2021年春の紀伊半島の旅の際に、「マイアミ浜オートキャンプ場」を予約していたが、天気が悪かったので泣く泣くキャンセルしたのが、ずっと心残りだったからだ。

昨晩は暗くて良く分からなかったが、道の駅から「琵琶湖大橋」が一望できる。浜が迫っていることが分かった。観光船の発着所もあった。ノエルとリオンも朝の散歩が十分できてご機嫌だ。

道の駅で、お土産や今晩の食材を購入した。

一昨日に行った「イオンモール草津」まで戻らないといけないかと思ったが、「琵琶湖大橋」を渡った対岸に、「ピエリ守山」という同様のショッピングモールがあり、「草津湯元水春」と同系列の「守山湯元水春」もあることが分かった。「琵琶湖大橋」を渡って左に曲がると。

すぐに「ピエリ守山」があり。

その裏側というか、湖側に「守山湯元水春」がある。うまくADRIAの後ろをオーバーハングさせて駐車することが出来た。

琵琶湖の眺め。温泉からも同様の景色が望めた。昼間に温泉に入って正解だった。

「マイアミ浜オートキャンプ場」のチェックイン時間は14時なのだが、「ピエリ守山」で食材の買い出しをした為、遅くなって15時過ぎのチェックインになってしまった。

今回はB-5を利用させてもらった。Bサイトは貸し切り状態だった。A-1、A-2は大きいサイトでキャンピングーカーサイトとなっているが、ここが景色が良い。C-3~C-6あたりも良さげだった。Bサイトのトイレは、少しやんちゃだった。

明るいうちにと、ノエルとリオンを散歩に連れて行った。なんのスイッチが入ったのかは解からないが、砂浜に入った途端に二人とも興奮して、追っかけっこを始めた。

サイトA-2からの眺め。

サイトC-4からの眺め。

管理棟の中の様子。フロントの横ではキャンプ用品の販売もしている。この管理棟は24時間開いていて、シャワー室やトイレを利用できる。

いよいよ暗くなってきたので、サイトに戻ってきて夕食の準備を始めた。

防寒の為に焚火もすることにした。近江に来たので近江牛ですき焼きにしようと思ったが、近江牛が手に入らず、”近江で買った牛”でのすき焼きになった。

日本酒は、VISONで買った「福和蔵 純米吟醸生酒」。

以前にステーキを焼いたスノーピークのスキレットを持ってきていれば最適だったのだが、今回は重量を抑える為にダッチオーブンは持参してこなかった。仕方がないので、「Orange」で買ったストームクッカーを使うことにした。肉は最初に軽く焼いて焼き目を付けて一旦皿に上げる関西方式だ。

ストームクッカーはSサイズにしたので、二人ですき焼きをするには少しと言うかだいぶ小さい。

ノエルはご相伴の肉焼きが欲しくて、皿をガン見状態になる。

〆はうどんにしたが、これまたコッヘルが小さい。

少し寒かったが、コーヒーも淹れてゆっくりした。

ノエルとリオンも仲良く焚火を眺めていた。(ように見える)

8日目のまとめ。無駄足は無く、移動は9kmのみ。

←励みになります。応援クリックお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。