北軽井沢スウィートグラスで冬キャンプ(その3)

「北軽井沢スウィートグラス」ではキャンプ料理に必要な食材を全部揃えて「食材セット」として提供している。今回は、「贅沢チーズフォンデュ」と「赤城牛赤ワイン&百蜜煮込み」を事前に予約しておいた。

出典:北軽井沢スウィートグラスHP

出典:北軽井沢スウィートグラスHP

ワインや蜂蜜、調味料まで準備してくれているので、非常に楽だった。赤城牛は800gもあった。食材の受取場所のAsama Hütteの中は雰囲気が良い。以前はレストラン営業もしていたのではないかと思われる作りだ。

サイトに戻って準備を始めたところ、またトラブルが発生した。30年くらい前から使っているコールマンのランタンがポンピングができない状態になってしまった。ランタンのレンタルもやっているので、軽く分解してもらって見てもらった。しかし簡単には治らなかったので、仕方なくレンタルでランタンを借りてきた。

今回は車のバッテリーが壊れるわ、ランタンが壊れるわ、日頃の点検とメンテナンスの重要性を思い知らされた。

Ozpigも持参したが、同時に二つの火の面倒は見れず、焚火のみにした。

マイナス5度の寒さであったが、ノエルとリオンは着ぐるみの毛布を着てAirBuggyのコットの中にいた。チーズフォンデュは寒すぎてチーズがうまく柔らかくならないので難しかった。ADRIAの中で食べたら良かったかもしれぬ。赤ワイン煮は最低で2時間と言われていたが、2時間以上は煮込んで美味しく食べることが出来た。ダッチオーブンいっぱいを完食してしまった。もっとゆっくりトロトロと煮込んだら更に美味しくなるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。