久しぶりの「国営昭和記念公園」

本当に久しぶりに、「国営昭和記念公園」に散歩に出かけた。以前に来たのは、リオンがまだ生まれていない頃だ。昼には公園に着いたが、着いた途端に雨が降り出した。少し雨宿りをしていると、雨は上がったが、蒸し暑い。

比較的多くの人で賑わっていた。

こんなに広い草原はリオンは初めてかもしれない。喜んで走り回っていた。

コスモスまつりというのが始まっていて、黄色いレモンブライトという種類のコスモスが見ごろになっていた。

こちらは、ジニアというのだそうだ。

人工的なビビッドな色合いなので、思わず写真を撮った。パナライカDG 50-200mm F2.8-F4.0はマクロとして使えるくらいに寄れる。

ずっと前に一面のコスモスに感動したが、コスモスはまだチラホラという感じ。

これは松ぼっくりか。

以前は無かったと思うが、可愛い小屋が作られていた。写らないように黒子でノエルとリオンを抑えておくのは大変だったそうだ。

おかげで、こんなおとぼけ顔のリオンを撮ることが出来た。

夏で草の成長が速い時期ではあるが、以前と比較して草木の手入れが行き届いていないなという印象を受けた。コロナ影響で年配であろうボランティアの方が集まらないという影響が出ているのであろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。