聖地訪問①浩庵キャンプ場でカヤックに挑戦(山中湖フォレストコテージで前泊)ー 犬連れキャンピングカー旅

台風と台風の合間を狙って、本栖湖でカヤックを漕ぐことを計画した。運良く「浩庵キャンプ場」を2泊予約する事ができた。その前に、山中湖で1泊しようということになった。

初日は19時過ぎに自宅を出発して、いつものように談合坂SAで仮眠。翌日は比較的早く出発して、「オギノ山中湖店」で食材の買出しをした。

やって来たのは「小田急山中湖フォレストコテージ」だ。珍しいことに、時間通り12時にチェックインできた。

このキャンプ場には、一昨年の正月に極寒の中1泊したことがある。

2020正月ツアー(その4)雪景色の山中湖と富士山

前回と同じ湖畔オートキャンプサイトのNo.14にした。前回来た時から、地面に砕石が敷かれて整えられたようだ。木陰で涼しいのが良い。

桟橋から富士山を望むも、残念ながら雲に隠れていた。

こちらは、すぐ隣にある湖畔オートキャンプ富士山ビューサイトで、2022年3月にリニューアルされた。樹木がナラ枯れの被害にあった為、10本以上伐採したそうだ。それにより、湖と富士山の眺望は良くなった。

写真を撮り忘れたが、このリニューアル工事に合わせて、炊事場とトイレ棟が新築されていた。トイレは最新設備となって快適になった。

出典:小田急山中湖フォレストコテージHP

この後はキャンプ場を出て、秋の紅葉祭りに以前来たことがある「旭日丘湖畔緑地公園」まで湖畔を散歩した。暑い日だったが、木陰があるのでノエルとリオンもご機嫌で散歩ができた。

キャンプ場まで戻って来ると、管理棟の横に冷凍のラーメンや餃子等の自動販売機があったので、試しに「すごい煮干しラーメン」というのを買ってみた。

のんびりと、昼飯を食べた。

今回はコットを一つだけ持参したが、こんな感じでノエルとリオンが寛げることが分かった。

このキャンプ場は管理棟に小さいが風呂がある。キャンプ場利用者は無料で利用することができる。明るいうちに入ってしまった。

出典:小田急山中湖フォレストコテージHP

「ランドネ」2022年10月増刊号付録のミニパンを使って、魚貝とマッシュルームのアヒージョを作ってみた。オリーブオイルにアヒージョの素を入れただけだが、美味しく出来た。ビールのアテにはピッタリだ。

北海道でトウモロコシを皮ごと焼くことを学んだので、北海道産トウモロコシを炭火で焼いてみた。炭火が弱かったのか、待ちきれずに焼き時間が短かった為か、少し残念な結果になってしまった。

メインは牛肉の焼き肉をしたのだが、食い意地が張っていたのか、写真を撮るのを失念しまった。こんな感じでした。

【イメージ図】先日豚丼を作った時のもの

←励みになります。応援クリックお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。