昭和記念公園の帰りにOutdoorVillageに寄ってみた

9月に入っても天気がスッキリしないが、台風が逸れたからか晴れそうなので、「国営昭和記念公園」に行くことにした。その帰りに公園の近くにある「モリパーク アウトドアヴィレッジ」にも寄ってみることにした。

予想していたよりも天気が良くて暑かった。ノエルとリオンは北海道旅から帰ってきて以来のロング散歩となる。平日なので人影が少なくてほぼ貸し切りのようだった。9月初めに「昭和記念公園」を訪れるのは初めてだったが、サルスベリの花が綺麗に咲いていた。

池のところにきて、水位が異常に低いのに驚いた。普段水があるところは底が現れていて、桟橋が1mくらい浮いてしまっている。日本も全体的には渇水状態なのか?

平日でふれあい広場レストランは休業だったので、レイクサイドレストランで簡単なものをテクアウトして木陰のテーブルでランチにした。

ノエルのオーバーヒートに注意しながら散歩を続けていると、一昨年来た時には公園の別の場所に置かれていた小屋が更に飾り付けされて置かれているのに出会った。

久しぶりの「国営昭和記念公園」

小屋の周りに花壇が出来ていたり、ガーランドが付けられたりしたり、以前より可愛く周囲に馴染んでいた。

ノエルとリオンはポージングを頑張りました。

昨年来た時は1ヶ月ほど遅い時期だったので、コスモスが終わりかけだったが、今回はコスモスがようやく咲き始めたところだった。

久しぶりに国営昭和記念公園へ散歩に行ってきた

「昭和記念公園」のシンボル的な木の横をセグウェイに乗った人が3人通り過ぎて行った。

雲一つ無い天気は気持ちが良いが、暑すぎだった。ノエルとリオンがゼーゼーになっただけでなく人間もしんどくて、ここでお散歩は止めて駐車場に引き返すことにした。公園の半分も歩けなかった。もう少し涼しくなったらまた来よう。

紅葉の時期には黄色に色付くイチョウ並木まで戻ってくると、イチョウにたわわに実(銀杏)が生っているのを見つけた。まるでブドウのようだ。こんなにたくさん実が生るとは知らなかった。

紅葉の時期には臭いがすごいが、これだけ実が付くのだからと納得して「昭和記念公園」を後にした。「モリパーク アウトドアヴィレッジ」までは数キロと近いのですぐ着いた。着いてすぐにモンベルに併設された「Harvestterrace」でひと休み。ここのテラス席はワンコもOKなので助かった。暑い中歩いたので疲れた。

「アウトドアヴィレッジ」には、コールマン、モンベル、スノーピーク、ノースフェース等、13店舗ものアウトドアブランドが集まっている。

「A&F COUNTRY」は直営店最大の売り場面積だそうだ。

コールマンも国内最大の直営店で、修理やサービスに対応している。

ノースフェースはカフェが併設されている。

欲しいものは沢山あるが、またゆっくりと来ましょうかと今日のところは大人しく帰宅。

←励みになります。応援クリックお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。