旅も終盤ふらのやスープカレー食べて滝川へ ー 2022北海道犬連れキャンピングカー旅(37日目)

「ふらのラテール」での2日目の朝は予想通りに天気が良かった。美馬牛の「ゴーシュ」で買ってきたパンとコーヒの朝食を食べて、ゆっくりとした。今回の旅も37日目となって、そろそろ函館に向かって帰っていくことにする。

11時過ぎには富良野の「ふらのや」に向けて出発した。

30分程度で「ふらのや」の前に着いた。

予想はしていたが、すごい人気で、既に大勢の待ち行列が出来ていた。開店前から並んでいる人もいるようだった。是非食べたいと思っていたので、行列の最後に付いて待つことにした。

1時間くらい待ってやっと順番が回ってきて入店することができた。

運が良いことに、奥の窓側の席に案内された。

道産野菜のスープカレーにして、オリジナルチキンフランクをトッピングした。グリルされた野菜が本当に美味しかった。これは人気が出るの解かるわ~。

食後にたのんだエスプレッソのカップがちょっとコワかった😅

ノエルとリオンを散歩させてやりたいと思って、富良野スキー場の下あたりにある「朝日ヶ丘都市公園」という公園にやってきた。遊具がある小さい公園かと思ったが。

パークゴルフ場もあるような大きな公園だった。

ノエルとリオンは久しぶりに思いっきり走り廻れて満足そうだ。

この後は1時間半くらい走って、滝川にある「滝川ふれ愛の里」に向かった。コテージやレストランもある温泉施設だった。

この日は、「道の駅たきかわ」で車中泊することにした。この道の駅はあまり大きな道の駅ではなく、トラックの休憩が多いような道の駅だったが、すぐ向かい側にローソンとセブンイレブンがあるという便利な道の駅だった。

道の駅に着いて、すぐノエルとリオンを連れて散歩に出掛けた。道の駅の裏側には、滝川市農村環境改善センターがあった。ここは、元は北辰尋常高等小学校であったようだ。このセンターの前に屯田兵家族と銘打たれた銅像があったのだが、リアルだったので、ノエルとリオンがワンワン吠えた。センターの裏には「屯田兵屋」という記念施設があった。地味な道の駅ではあるが、深い道の駅であった。

明日は千歳まで移動する予定だ。

←励みになります。応援クリックお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。