美瑛放牧酪農場から四季彩の丘を経由して ー 2022北海道犬連れキャンピングカー旅(35日目)

「道の駅白金ビルケ」での2回目の朝は、予報通り雨だった。今日も一日中雨のようなので、気合が入らずのんびりとした。いろいろと調べた結果、中富良野に「万華の湯」という入浴施設を併設した「ふらのラテール」というホテルがあることを思い出した。ここで、有料だが車中泊が出来るので、今日はそこに移動する事にした。

13時前に「道の駅白金ビルケ」を出発した。すぐ近くにある「美瑛放牧酪農場」に寄ってみることにした。

ポツポツと雨が降っていたが、大勢の人がいた。

折角の景色だが、パッとしない。

食べたいと思っていた「ラクレットトースト」は残念ながら今日はもう売り切れになっていた。

しかし、ラクレットチーズは売っていたので、自作して食べることにしよう。

フロマージュブラン、ラクレットチーズ、飲むヨーグルトを購入した。

ソフトクリームは、一口目でなんか違うと分かるような美味しさだった。

ソフトクリームを食べていると、放牧されていた牛たちが、エサの時間なのか、一斉に牛舎に帰ってきた。ちょうど、この牧場の見せ場の時間だったようだ。

結構な迫力で、童心に戻って写真を撮った。

景色には恵まれなかったが、良いものが見られたと満足して、次には、やはり近くにある「四季彩の丘」にも寄ってみた。様子を見る為に、ノエルとリオンは留守番させた。

「うどん処麦彩の丘」といううどん店があった。美瑛の丘で育った小麦で作ったうどんとのこと。先日見た綺麗な小麦の穂を思い出して、無性にこのうどんが食べたくなった。

じゃがいもだんごの天ぷらをトッピング。あの和琴半島で食べたじゃがいもだんごの天ぷらバージョンだった。

ダンボール紙でできた、手作りのカワイイ置物があった。

少し小降りになったので、一旦ADRIAに戻って、ノエルとリオンも連れて行ってやることにした。遠くが霞んだ写真となった。これはこれで綺麗だと思う。

四季彩の丘はゴルフのカートで見て廻れるようになっているが、これはいかがなものか。折角の花の香が排気ガスの臭いでかき消されてしまう。それと、砕石の代わりに、ガラ(建物を壊した時に出るもの)を使っていたが、ガラスの破片等鋭利なものを含んでいて、犬や子供がけがをしてしまう可能性がある。

次に向かったのは、美馬牛駅の近くにある「自家焙煎珈琲店ゴーシュ」。

釧路の焙煎店でコーヒー豆を買ってから、もう10日にもなるので、コーヒー豆を買いに来た。お店でコーヒーも飲みたいとも思ったのだが、店内はお客さんで満席だったので諦めた。

コーヒー豆だけでなく、手づくりのパンも売っていたので、一緒に買うことが出来た。強めの焙煎が特徴のコーヒーだった。

上富良野駅近くのスーパーマーケットで買い物をして、17時半くらいには「ふらのラテール」に着いた。「ふらのラテール」はJRVAの湯YOUパークに登録されている。ホテルのフロントで車中泊の手続きをした。どこに停めても良いとの事だった。トイレはホテルのトイレを24時間使用しても良いとの太っ腹だった。

あれっ。隣りには、とても大きなスーパーマーケットがあった💦

明日はやっと天気が回復しそうだ。

←励みになります。応援クリックお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。