ブランルージュでランチ後道の駅白金ビルケへ ー 2022北海道犬連れキャンピングカー旅(33日目)

「道の駅びえい丘のくら」での朝もスッキリと晴れた。ノエルとリオンを連れて、美瑛駅前を散歩した。美瑛駅前から延びた道を歩いて、美瑛町役場まで行ってみた。美瑛駅前は建物のデザインにとんがり屋根を取り入れるようにしているのか、街並みに統一感があった。

美瑛町役場はとんがり屋根の尖塔を持つデザインだった。

10時過ぎに「道の駅びえい丘のくら」を出発し、昨日写真を撮った辺り(パッチワークの丘だった)を少しドライブしてから、「ブランルージュ」でランチをすることにした。ここは樹木に囲まれたログハウスで、ビーフシチューが名物のお店だ。

テラス席はワンコ連れでも利用できるとの事だったので、このお店に決めた。

このお店の名物、ビーフシチューのセットを注文した。

美味しそうだったので、美瑛産のじゃがいものグラタンも追加で注文した。

手作りのパン。

ケーキセットも頼んでしまった。

定番の濃厚なチーズケーキ。

そして。。。いつもの、ノエルのガン見が始まる。

美味しすぎて少し食べ過ぎたかもしれない。お店を出てすぐ前の道からの景色。ここからの眺めも素晴らしかった。

それでは、「道の駅白金ビルケ」へ向かおうと思って走っていたところ、一面綺麗なそばの花が咲く畑があったので、ADRIAを停めた。黄色い家と1本の大きな木が可愛い景色だった。

降りて歩き回ったところ、これが「ケンとメリーの木」だったことが解かった。スカイラインのケンメリは覚えているが、CMがどんなだったかは残念ながら記憶に無い。

「道の駅白金ビルケ」に着いた。道の駅の管理棟で聞いてみたところ、ラッキーなことに今日はAC電源と水道が使えるサイトが空いているとの事だったので、喜んで申し込んだ。

そのまま進むと、左前の側道のようなところにキャンプの出来るエリアがあった。この左側のベンチの後ろに、ダンプステーションもあるとの事だった。

歩いて「青い池」まで行こうと思ったが、暑くてノエルがゼーゼーになったので、戻ってADRIAで行く事にした。マアマア青く見える日だった。

楽して観光しているのはコイツだ。

左手を外に出して、片肘ついてキャリーに入るのがリオンの癖だ。

定番の「白ひげの滝」も見に行った。YouTubeで見飽きてしまった景色だが、実際に見ると確かに奇麗だ。地層の間から流れ出ている滝というのが珍しい。その上、滝のすぐ上にホテルがあるので、不思議な景色となっていた。シャッタースピードを遅くしてみた。

特に、この辺りが美しい。

「道の駅白金ビルケ」に戻って、明るいうちにダンプを終わらせた。オーニングを出して簡単に設営した。

前回釧路の「達古武オートキャンプ場」でノエルとリオンのご飯を作ってからちょうど一週間経つので、今日はノエルとリオンのご飯を作る日だった。今回は鶏のささ身味だ。

人間はというと、この質素な夕食だった。阿寒豚のソーセージと北見で買ったオホーツクビールのピルスナーとキャベツのサラダ💦

今晩は夜半から雨が降る予報なので、オーニング等を全て片付けて休んだ。

←励みになります。応援クリックお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。