星野リゾートトマム内の散策好天で良かった ー 2022北海道犬連れキャンピングカー旅(19日目)

星野リゾートトマムでは夏場の雲海テラスが有名になっているが、朝の4時に起きて、バスに乗り、ゴンドラで山頂に登る必要がある。雨が降らなければ幸いという天気が続いていたので、最初から諦めて8時頃まで寝ていた。

窓の外はどんより曇りで、雲海テラスは雲中テラスになってしまったようだ。

それでも、早く準備をして散策に出掛けた。まずは、ホタルストリートと呼ばれる施設に来てみた。ここは、比較的最近できたエリアで、その昔スキーに来た時には無かった施設だ。

アルテッツァ・トマムという店で、テイクアウトでブランチを食べることにした。朝食ビュッフェは8時終了なので食べることが出来なかったが、チケットを金券として使うことが出来た。

このエリアは緩やかな傾斜地に複雑に建てられていて、建築的に奇麗な施設だった。昼前は人通りがあまり無かった。

このザ・タワーを経由して、GAOアウトドアセンターと言われるところまで歩いてきた。施設や芝生、木の配置からして、どう見てもゴルフ場の跡地を活用したものだろう。ゴルフカートを使ったアクティビティもあった。

この時間もトマム山の山頂には雲が掛かっていた。しかし、占冠の天気予報はずっと悪かったのに、今日はよく晴れたものだ。星野リゾートに来たがっていた妻の執念が強かったからか。

この木はフェアウェイの真ん中に植えられた木だったのだろうが、現在は羊の為の日陰となっていた。

ノエルとリオンが散歩するのには良い環境だった。

歩き疲れて、再びホタルストリートに戻ってきた。ミセスファームデザインズという厚岸の浜中に本店があるお店で休憩した。

この厳選された緑茶が美味しかった。

この時間になってくると、人出が多くなってきた。

灯りが灯って良い雰囲気になって来たが、霧が低く垂れこめてきた。

部屋にノエルとリオンを留守番させて、駐車場に停めてあったADRIAに忘れ物を取りに行ったついでに、Books&Cafeというラウンジで一杯いただいた。

竹蔵という竹麓輔らーめん創作工房の新店舗となる店に行った。

追い煮干し醤油らーめん。

牛トロめし。意外にコレが美味かった。

←励みになります。応援クリックお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。