白樺高原国際スキー場からの眺めが最高だった – 犬連れキャンピングカー旅

昨晩は相当気温が下がったが、FFヒータを17℃に設定していたので、暖かくよく眠れた。朝起きたらすぐにノエルとリオンの散歩に出た。広い駐車場には放置されたかのような車が1台ある以外は他に車はいなかった。

ノエルはパジャマの上に腹巻をしてジャケットを着ている。

ノエルもリオンも靴に慣れて、はしゃいで走り回る。

リオンは深雪に入って行ってラッセル。雪遊びが楽しそうだ。

朝食はいつものホットサンドといつものコーヒーで簡単に済ます。

スキーウェアに着替えて出掛ける直前のノエルとリオンの様子。雪遊びで疲れたのかボーと寛いでいる。

ノエルはベッドのところに移ってウトウトしていた。このまま寝ていてくれたら留守番させても心配ないのだが。。。

留守番させる時にはシェードや窓の状態に気を使っている。気温は低いとは言っても今日は日差しが強いので、暑くなる可能性がある。ルーフウィンドウを隙間程度に少し開けておくことにした。

リフト券はネットで事前に購入しておくのは、前回行った猪苗代スキー場と同じだが、このスキー場はさらに、携帯に表示されるQRコードを以下の機械かざしてICカードを発券する仕組みになっていた。進歩したわ~。

このスキー場は短いゴンドラが1本とリフトが2本だけのシンプルなゲレンデだ。しかも、スノーボード禁止でスキーだけというコンセプトで運営されている。昭和のスキーヤーとしては安心なのだが、経営的に大丈夫かなとこちらが心配になってしまう。

ゴンドラの中で監視カメラの映像を確認すると、気温は16.7℃で適温だ。ノエルはベッドで寝ている。このまま寝ていてくれたら良いのだが。。。

ゴンドラの山頂駅を出ると、「蓼科御泉水自然園」の入り口がある。ここを500m程進むと、クロカン&チャレンジコースという林間コースがあるのだが、今回はやめておいた。

「蓼科御泉水自然園」には2019年8月に来たことがある。

2019お盆ツアー(その2)蓼科御泉水自然園から白樺湖

滑り出しの辺りからの眺望が奇麗だった。

以下の写真は2019年8月に来た時のグリーシーズンの景色だ。ほぼ同じ場所から撮影したものだ。展望用のテラスが設置されていた。眼下には「女神湖」が見えるが、遠くの山々は曇っていて見えていなかった。

それがどうだろうか。今回は遠くの山々までがハッキリと見える。正面は北アルプスか。

記念写真を撮った。写真を加工しなくとも、元々顔が見えない状態だ。

ゲレンデにあるレストハウスで昼食を食べて、休み休みだが1日で10回くらいはゴンドラに乗った。太ももの筋肉が攣りそうになってきたので、15時には上がってADRIAへと戻った。

ノエルとリオンは結局一日中同じ場所に座って帰りを待っていた。スキーウェアのまま散歩に連れて行った。朝と同じように元気に走り回って遊んだ。

「A・COOP原村」で買ってきた地元のビール。

白菜が半分残っていたので、今晩もお鍋だ。

明日はスキーはしないで、諏訪湖の周辺に遊びに行こうかとも考えたが、やはり数本だけ滑って帰ろうということになった。

←励みになります。応援クリックお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。