白馬の旅②青木湖カヤック体験(4日目)- 犬連れキャンピングカー旅

以前からノエルとリオンも一緒にカヌーやカヤックをしたいと思っていたのだが、青森の旅では十和田湖を目前に旅を中断しなくてはならなくなった。エンゼルフォレストでは予約が取れなかった。今日はいよいよ青木湖でカヤックの体験をする。

思い立って調べてみると、青木湖の「ライオンアドベンチャー」がエアカヌーの体験をやっていることが分かった。なんとこの日が、今シーズン最後の営業日だった。

4日目のこの日も快晴で、雲一つない青空だ。7時には起きて、張り切って青木湖へと向かった。

10時半から2時間自由に体験ができるというものだった。

人間もワンコもライフジャケットを貸してもらえる。漕ぎ方の簡単な説明を受けて、ノエルとリオンもライフジャケットを装着して、いざ出発。

岸が離れると、少し怖くなった。こんな小さなゴムボートに人間2人と犬2匹が乗っても大丈夫なものだろうか。

ノエルも不安そうにしていた。

湖の向こうに白馬連山が見えて美しい。

慣れてきて、リオンはウトウト。

しばらくすると漕ぐ要領が分かってきて、蛇行しつつも前に進むようになってきた。じっと浮かんでいてもしょうがないので、対岸を目指すことにした。

まっすぐ進まないので、途中で何度も挫けそうになったが、なんとかキャンプ場のある対岸に着くことが出来た。

湧き水でできている湖だそうで、透明度が高い。

どのくらい移動したのか調べてみた。「青木湖ライオンアドベンチャー」から青木湖キャンプ場の岸までは、直線で1km程度はありそうだ。蛇行したので、往復2kmは漕いだことになる。初めてなのに無謀だったか。

久しぶりに運動して腹が空いた。白馬47スキー場のみそら野地区にある「ピザハウス ガーリック」へ行ってみることにした。本格的なカナディアンログハウスで雰囲気がある。着いた時には満席だったが、少し待って入店することが出来た。

ADRIAは建物前のスペースに停めることが出来た。

ランチの後は、翌日行く予定の「八方ゴンドラ」を下見することにした。ADRIAを停められる駐車場があるのか確認しておく必要がある。ノエルとリオンをお留守番させるので、落ち着いた場所でできれば日陰になる場所が良い。「八方第三駐車場」という大きな無料駐車場があることが分かった。この駐車場にADRIAを停めて、八方の街をノエルとリオンと一緒に散歩した。八方にスキーに来たのは30年以上前になるだろう。ゴンドラまでスキーを抱えて歩いた記憶はある。帰りは滑って帰ったはずだが、どこに泊まったのか全く思い出せない。

さて、どこで泊まろうかということになった。キャンプ場に行くには時間が遅くなってしまったので、「白馬倉下の湯カーステイパーク」でお世話になることにした。JRVAの車旅パークになっている。くるま旅クラブ会員なら1泊¥2,500でAC電源付オートキャンプ場のように使用できる。しかも、「倉下の湯」の駐車場のような位置付けでもあるので、温泉にも歩いて行けて便利だ。チェックインの時間が18時くらいになってしまったが、管理人の方が待ってくれていた。

「倉下の湯」は加水・加温をしない源泉かけ流しという奇跡のような温泉で、塩分が高く、茶褐色でトロトロ系のお湯だった。一発で名湯と分かる。

この日は、車内で簡単に夕食を済ませて、明日に備えて早く休んだ。

4日目のまとめ。道の駅、青木湖、八方周辺を35km移動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。