白馬の旅①諏訪湖・白馬岩岳マウンテンリゾート(1-3日目)- 犬連れキャンピングカー旅

10月初旬に、白馬、栂池に出掛けた。スキーでは何度も訪れたことがあるが、グリーンシーズンに訪れたのは初めてのことだ。9月下旬から紅葉も見頃になってきたとのこと。天気も良いようなので、楽しみにして出発した。

夕食後に自宅を出発し、なんとか談合坂SAにたどり着いて仮眠した。二日目は諏訪湖でうなぎを食べて、その日のうちに白馬に着けばよいと思っていたので、談合坂SAでのんびりし過ぎた。出発したのは14時過ぎになってしまった。諏訪湖のモンベルで買い物をして、「うなぎ 松倉」に着いたのは18時頃になった。いつもは「うな藤」に行っていたのだが、蒲焼と白焼を同時に食べたいと思い、「うなぎ 松倉」にした。

ワサビと醤油で白焼を、蒲焼と交互に交互にいただく。

この後は、「すわっこランド」というスポーツセンターに併設された温泉に寄って「道の駅 白馬」まで移動して車中泊した。大型トラックも止まっていて、駐車場が混雑していた。国道沿いだったので結構うるさかった。

三日目の朝は予報通りに快晴。6時過ぎには目が覚めた。道の駅にあった案内図を見て、どう巡るかを考えてワクワクした。

知らなかったが、白馬には多くの温泉があり、それぞれ日帰り湯にも対応していることが分かった。どこに行こうかと楽しみになる。

道の駅の近所をノエルとリオンと朝の散歩。ノエルも機嫌が良い。

9時半には「道の駅 白馬」を出発して「白馬岩岳マウンテンリゾート」に向かった。白馬でワンコもゴンドラで山頂に行けるのはここだけで、八方も栂池もワンコはNGだ。グリーンシーズンはマウンテンバイクのダウンヒルもできるようだ。昔の感覚ではスキーシーズンの岩岳は硬派イメージだったが、今はどうなのだろうか。

ゴンドラは初めてではないが、ノエルは怖がって外を見ない。

リオンも最初は怖がっていたが。

ゴンドラ山頂駅は標高1,280m。山麓駅からは8分で到着する。

白馬三山が見れるかと進んでいく。正面には、「ヤッホー!スイング」、右手には「THE CITY BAKERY」がある。

残念ながら、雲がかかってしまっている。

「THE CITY BAKERY」の真ん中を抜けていくと。

この景色が開ける。もう少しで雲が切れるかもしれない。

山頂の林の中には、散歩道が整備されていて、スノーピークの椅子やテーブルが配置されて、休憩することができる。

このような道を進んで行くと。

マウンテンバイクのコースがあり、見晴らしが良くなる。

ここに「森のわんわん広場」というドッグランがある。

木が程よく残されていて、傾斜があるので、ノエルとリオンは大喜びで駆け回った。

リオンが珍しく良い笑顔で、2022年カレンダーの候補になりそうだ。

ノエルも表情が良い。

山頂のレストハウス。少し雲があるものの本当に良い天気で気持ちが良い。

「THE CITY BAKERY」のテラスは混雑していたので、林の中で昼食を食べることにした。

木漏れ日の感じが最高に気持ち良い。

お昼を食べて、再び山を見てみると、雲が切れて「白馬岳」2,932mの頂が少しだけ覗いた。

このチャンスに、ノエルとリオンの記念撮影会。

下りは上りより怖いね~と言いながら下山した。

この後は、買い出しをして「道の駅 みあさ」へ移動した。ここは「ぽかぽかランド美麻」という温泉が併設されており、翌日行く予定の「青木湖」にも近い。朝早かったので、21時過ぎには寝てしまった。

1日目~3日目のまとめ。談合坂、諏訪湖経由で340kmの移動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。