キャンピングカーの収納を使いやすくDIY

キャンピングカーADRIAに乗り始めて2年以上経つが、ノエルとリオンのコット台を作った以外にDIYが出来ずにいた。今後の長期旅行に備えて、予てから不便さを感じていた部分をDIYで改善することにした。先般の紀伊半島ツアーの前後に行った日曜大工(毎日日曜ですが)の結果をご紹介します。

DIYをすると言っても壁を取り払ったり、穴をあけたりするような豪快な改造ではなく、(万一の売却時のことも考慮して)ネジを打ち込むこともしない腰が引けたDIYに止めるようにした。

ADRIA COMPACT SLのレイアウトは以下のようになっている。

先ずは、「2」番の部分。ここは右側の常設ベッドの足元の場所で、車の全長が6.7mに抑えられているCOMPACT SLでは以下の通り、キッチンとベッドのマットレスの間は一枚の板で仕切られているだけだ。夏場は後部にあるエアコンの冷風を車の前部に送る為に、この仕切り板にクリップ式の扇風機を取り付けていた。ここに風を遠くまで送れるサーキュレータを置けるようにしたい。それと、カメラやiPad等を安定して充電できるように棚があれば便利だと思っていた。

棚の下に足が入って、サーキュレータやカメラの重量に耐えられる構造をネジ止めせずにどうやって実現するか悩んだが、こんな物を作ってみた。不格好だが第一弾の試作品としては便利に使えている。走行中にサーキュレータが転がり落ちることは無い。カメラやiPadを載せても大丈夫だ。改善点としてはサーキュレータを収納する箱部分はもう少し小さくても良い。棚の部分はもう少し広いと便利かもしれない。

次は、「2」番のベッドの下の収納部分。蛇腹のシャッターで閉じるタイプの収納となっている。標準ではハンガーで服を掛けられる構造となっている。ハンガーを吊るす棒にカゴを付けてはいたものの収納効率が良くなかった。大きな箱に物を詰め込んでいるような感じで、下の物を取り出すのが大変だった。蛇腹に物が引っ掛かり、開かなくなったこともあった。

そこで、多くの物を収納してもジャバラに当たらないように隔壁を設けると同時に棚を設けることにした。この際には床面に木ネジを2本打ってしまったが、その他は内装に固定することなく設置することが出来た。

もう一段棚があった方が便利だと言うので、さらに棚を追加した。

この棚の効果は絶大で、100均等のカゴで効率良く収納が可能となり、ジャバラが開かなくなる心配も無くなった。ペットボトルや食料品、一部調理器具等を収納している。

また、MUJIの収納ボックスを使って以下のような収納も可能である。

次は、「3」番のギャレーの収納部分。ギャレーの上部には2つの収納がある。左側の収納には中間に棚があるのだが、右側の収納は以下のように大型の食器や調理器具を収納できるよう中間に棚が無い構造となっている。しかし頭上から大きなものが落ちてくると危ないので、大きな物は入れないようにしていた。突っ張り棒を3本で紙皿やキッチンペーパー等を入れていたのだが、何度か突っ張り棒が外れて、扉を開けた瞬間に落ちてきたことが何度かあった。

そこで、棚を作成してみた。コの字型の板を伏せただけの簡単な構造だが、安定して収納できるようになった。

「4」番のダイネットの収納部分にも同じように棚を作った。ここはソーラー充電コントローラを設置しているので、その機器を避けるような構造にした。ノエルとリオンのシートやハーネス/リードを収納している。

次は、「1」番の左側のベッド下の収納部分。こちらには、ダイソンの掃除機を安定して収納すると同時に充電するようにしたかった。今まではベッドの上に置いていたので、じゃまになっていた。また、床下収納のような形になっているので、効率的な収納が出来なかった。

そこで、以下のような棚を制作してみた。急停車した際にジャバラに崩れてこないような隔壁も作った。これは床面に木ネジを2本打って固定した。充電ケーブルはマットレス端を通して収納に下ろすことが出来た。

ダイソンの掃除機とヘアドライヤーを安定して収納できるようになった。MUJIの蓋つきポリプロピレン収納ボックスが床下収納の部分にシンデレラフィットすることが判り、効率良く収納できた。

最後は、「1」番の部分の左側常設ベッドの足元の場所。ここは、TV取り付け用の折り畳みアームが設置されていたが、取り外していた。

下に足が入るスペースが必要だが、棚を作るには十分な余裕がある部分だ。ここに棚を作ると同時に、化粧用のミラーを設置して欲しいとの要望があったので設置台を製作した。下段は足が入る高さ、上段はちょうど化粧しやすい高さに現物合わせで設定した。デザインは不格好だが、ネジを使わずに設置できる構造と各部の寸法が解かったので、第二弾で改善したいと思う。

走行中は棚の下段の奥側に置くと転倒防止になる。

ADRIAのトイレ/シャワールームに洗面台と大きな鏡があるので、それに加えてハリウッドミラーが必要かどうかはわからんが、化粧時間が大きく短縮できるそうなので期待したいところだ。ベッドルームが明るくなったのは間違いが無い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。