那須アウトドアツアー(その4)鹿の湯

高速道路の渋滞が気になったので、最終日は朝一番で予ねてから行きたかった「鹿の湯」に入って、早めに帰ることにした。

この写真は今年の1月に下見に来た際に撮影したもの。

朝の8時から開くとのことだったので、「鹿の湯」の駐車場に8時前には到着した。まだ駐車場は空いていたので、ADRIAを停めることができた。既に10台以上の車がおり、多くの人が一番風呂に入る為に開くのを待っていた。

長時間駐車には神経質になっている様子で、管理人がナンバーを頻繁に確認しているようだった。

これは駐車場から「鹿の湯」を見たものだが、右上に見える建物が何度か訪問したことがある「松川屋」だ。

川の上流側を見ると、「殺生石」のある「賽の河原」越しに、茶臼岳が見える。

温泉の中の様子は撮影できないので、こちらをご参照下さい。

出典 : 那須温泉 中藤屋HP

0.5度刻みで浴槽がある。浸かっている人は少なく、多くの人が座り込んでいる。独特な雰囲気だ。全体がサウナの中のような感じに似ている。もちろん洗い場は無い。歴史的な温泉を満喫して、帰途に着いた。

早く出た甲斐があり、大きな渋滞には巻き込まれずに蓮田SAまで帰ってこれた。昼飯時で「牛たん炭焼利久」には行列待ちをして入店した。「日乃本帆布」で買い物をしたり、ノエルとリオンを散歩させたりと2時間程度休憩してしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。