下田•河津お花見ツアー(その1)下田編

河津に早咲の桜を観に行ってきた。河津の桜まつりは有名だが、下田下賀茂の青野川沿の桜も最近注目されてきているようだ。

今回は夜間に「道の駅 伊豆ゲートウェイ函南」まで行っておこうと決めた。ADRIA導入前に一度来たことがある。翌朝はノエルとリオンの朝の散歩で周辺を見て廻ったが、川沿いにはドッグランもあり、隣りには川の駅、わさびミュージアム、かねふくの明太子パークもあり、賑やかだ。

10時に道の駅を出発して、下田には12時頃には到着した。下田と言えばコレ。

ADRIAは下田公園の駐車場になんとか停めた。枠をはみ出しても迷惑がかからず、出られなくならない場所ということで停めるのに苦労した。

ペリー象の前の桜。X-Pro3はレトロな色の写真が撮れると感心する。

ペリーロードまでは歩いて数分だった。まずは、なまこ壁が特徴の「旧澤村邸」を見学させてもらった。

そのあとは、平滑川に沿ってゆっくりと散歩。千葉の水郷佐原とはまた違った情緒がある。川と建物の間に道が無いからか、かつての花柳界の風情なのか。

リオンがぬいぐるみのようだ。

これは、α7Riii で撮ったもの。柳が緑の時季には更に風情ある街並みになるのだろう。

来航したペリー提督一行が了仙寺で日米和親条約付録下田条約締結のために行進したのがこの道だそうだ。了仙寺の梅はちょうど見頃を迎えていた。

ランチは「カマアイナ」というハワイアンなカフェへ入った。中庭の席はワンコOKとのことだった。

下田産岩のりとタラコのパスタ、金目鯛とアサリのシーフードカレーのプレート、伊豆牛のボロネーゼをいただいた。

お店の方にいただいたジャーキーを咥えて離さない。ワルイ顔をしている。

川沿いに一本の河津桜があったが、今年は2週間程度開花が早く、既に見頃となっていた。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。