ボトロニック バッテリー残量計を使ってリチウムイオンバッテリーの使用状況が解った(走行充電/外部電源)

ボトロニックバッテリー残量計は、4月下旬に初期設定が完了して、データが取れ始めた。旅行中に残量を記録することになるので、それ程多くのデータが取れた訳では無いが、リチウムイオンバッテリーの状況についてまとめておきたいと思う。充電については、走行充電とソーラー充電があり、負荷の状態も一定になってる訳では無いので、あくまでも目安として、経験値を整理したい。

まずは走行充電でどの程度リチウムイオンバッテリーは充電されるのだろうか? 以下の2つのデータが参考になる。

日付 4月下旬
運転開始 12:30 天気 曇☁️ 残量 343Ah
停車時刻 18:30 天気 雨☂️ 残量 368Ah
実運転時間 4時間 +25Ah
単位時間当たり充電量 +6.3Ah/HR 途中停車、ほぼ一般道
日付 5月下旬
運転開始 16:00 天気 晴☀️ 残量 281Ah
停車時刻 20:45 天気 晴☀️ 残量 316Ah
実運転時間 4.5時間 +35Ah
単位時間当たり充電量 +7.8Ah/HR 連続運転、高速道路渋滞

上記はいずれもソーラー発電の効果があまり無いであろうデータだ。これらから、1時間走行することにより、約7Ahリチウムイオンバッテリーが充電されることが分かった。オルタネータの仕様は、200Aなので、予想よりも少ないような気がする。

アイドリング時の残量計の表示は、Charge 7A程度なので、上記結果とほぼ一致する。ところが試しに、コーチ部の主電源をOFFにするとアイドリング時でもCharge 20A程度になる。走行時は照明は使用しないし、冷蔵庫はLPGだけの設定にしている。この差は150Wにもなるので大きいように思う。ボイラーがTurma 6Eなので、LPGと電気の併用設定になっているのかもしれない。今後確認したい。

次に、外部AC電源を接続した場合はどのくらいで充電されるのだろうか? 通常状態(コーチ部主電源はON時)は、Carge 20Aとなり、393Ahから満充電400Ahになるのに20分程度掛かった。およそ100Ah充電するのに5時間かかると覚えておこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。