Meyer-Optic Golitz Trioplan 50mmF2.9をPen-Fで撮影するとTrioplan 100mmF2.8になれるか

バブルボケで有名なTrioplan

100mmの方が50mmに比べて、くっきりと大きなバブルボケが得られるそうだ

それならば、マイクロフォーサーズであるPEN-Fで撮影すれば、50mmが100mmになり、はっきりくっきりのバブルボケが得られるのではないかと考えた

近くにピントを合わせて、背景に点光源を入れると、バブルボケが出現する

合焦部も滲みが強くて、絵画っぽくなるところが好きだ

撮影日:2017/4/23

ISO200、F2.9、それぞれ1/640、1/1000

さらに、背景に噴水を入れてみた

電飾では無く天然素材で、大きな輪郭のはっきりとしたバブルボケを得られた

しかし、これは光学実験のようなもので、写真としてはいかがなものか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。