Nikon Z7/Z6を検討していたら、SONY α7Riii/α7iiiが欲しくなってしまった

Nikonの一眼レフは持っていないが、Nikon好きだ。Nikkor P 10.5cm F2.5 と Nikkor S.C. 5.0cm F1.4。この2本はα7iiとの組み合わせで、かなり撮影した。

2018年8月23日には、Nikonのフルサイズ ミラーレスを買うぞと、Z7/Z6の発表を心待ちにしていた。しかし、発表されたスペックやレンズ、価格、レンズ開発のロードマップを精査していたら、何故だか、無性にSONY α7Riii/α7iii が欲しくなってしまった。

Nikon一眼レフユーザーではないものにとっては、レンズが無い。当面播き餌レンズしかない。Eマウントに最適設計された高性能なレンズが増えてきて品薄状態になるまで、SONYがα7を出してから5年も掛かっている。魅力的なレンズが揃うのに、Z7/Z6もそのくらい掛かるのではないかと思われた。NOCT Nikkor は楽しみだが、MFならLeicaで撮る方が良い。記憶媒体も特殊だ。

と、なんやかんや言っているが、結局、こうなってしまったことの言い訳だ。

フルサイズミラーレス機はα7iiからα7Riii に変更してSONYを継続する事にしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。