ボトロニック バッテリー残量計を使ってリチウムイオンバッテリーの使用状況が解った(ソーラー充電)

ボトロニックバッテリー残量計で判った事のつづき。エンジン停止時のソーラー充電の状況を記録しておく。

停車中に充電量が増したものとしては、以下の3つのデータが取れた。2番目のデータはノエルとリオンをADRIAに留守番させて観光した時のもので、車内の照明も消していたと思う。その他は、照明を若干点けていたかもしれない。

日付 5月上旬
充電開始 08:00 天気 晴☀️ 残量 378Ah
始動時刻 14:00 天気 晴☀️ 残量 391Ah
実充電時間 6時間 +13Ah
単位時間当たり充電量 +2.2Ah/HR エアコン不使用
日付 5月上旬
充電開始 08:15 天気 晴☀️ 残量 344Ah
始動時刻 14:15 天気 晴☀️ 残量 383Ah
実充電時間 6時間 +39Ah
単位時間当たり充電量 +6.5Ah/HR エアコン不使用
日付 5月下旬
充電開始 12:00 天気 晴☀️ 残量 357Ah
始動時刻 15:00 天気 晴☀️ 残量 365Ah
実充電時間 3時間 +8Ah
単位時間当たり充電量 +2.7Ah/HR エアコン不使用

これから解るのは、天気が良く涼しい状態では、1時間に+6.5Ahも充電できるということ。多少の照明を使ったとしても、1時間当たり+2Ahから+3Ahは充電できるようだ。

尚、コーチ部のメイン電源を落として駐車した時に、充電量が変動するかどうかを確認したが、4週間放置しても全くバッテリー残量に変化は無かった。自然放電も無い代わりに、ソーラーでも充電されていないようだ。仕様的にそれで正しいのだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。