2019GWツアー(その5)金沢観光

「和おんの湯」は朝5時から営業しているので、朝風呂に入った。湯YOUパークなので、充電とゴミ処理に対応してくれるのが本当に助かる。

ノエルとリオンを近所で散歩させて昼前には金沢観光に出かけた。金沢の駐車場にキャンピングカーを停めるのは困難だとの情報であったので、相当調べたつもりだったが、なかなか駐車場を見つける事が出来なかった。1時間半くらいはウロウロ走り回っただろうか。本多の森ホールの向かいの石引駐車場の入り口には停められるとの事だったが、既に遅しで他のキャンピングカーが停まっていた。諦めかけた時に、隣に海辺の駐車場の様なパラソルが立っており、親切な対応で呼び止めてもらった。しかも、「2マス使って良いよ」と入れてもらえた。NTT西日本が休日だけやってくれているホリデーパーキングだった。しかも1回500円。 高さ制限も無かった。

兼六園は犬連れNGとの事だったが、敢えてノエルとリオンもAirBuggyに乗せて連れていくことにした。駐車場の向かいで撮影したものだが、本当に綺麗な通りだ。

兼六園前の辰巳用水

ひがし茶屋街まで歩いた。あまりの人出で写真は撮れず。AirBuggyに乗ったノエルとリオンを見て、海外からの観光客にキュートキュートとよく声を掛けられた。しかし、飼い犬に服を着せて、乳母車に乗せて歩くなぞは奇異な事なのだろう。

金沢は犬フレンドリーではない。テラスで犬と一緒にランチとはいかない。買い食いなども自主規制しているのか、ほとんど無い。そうして、観光地の品位が守られている。目黒川沿いとは違うのだ。てな事を考えつつ、結局、昼メシは食えなかった。

主計街にも立ち寄ったが、空腹と疲れでロクな写真は撮れず。

県立歴史博物館

当初の計画の通り、金沢で2泊すれば良かったかなと後ろ髪を引かれる思いで、金沢を後にした。輪島とか和倉温泉、七尾とかにも行こうとも思ったが、まったく時間的余裕は無く、「道の駅 氷見」へ向かった。

千里浜なぎさドライブウェイを走りたいと思っていたが、のと里山海道のパーキングエリアで日没となってしまった。

日没後に千里浜なぎさドライブウェイを走るのは危険かと思ったが、思い切って入ってみることにした。日没直後に走ったのが幸いして、幻想的な写真を撮ることができた。

地元で評判の良い「きときと寿司」で夕食を仕込んで「道の駅 氷見」に着いた。「氷見温泉郷 総湯」という日帰り温泉が併設されていることもあろうが、ほぼ満車状態だった。キャンピングカーも20台以上は止まっていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。