2019GWツアー(その3)高山観光

雨音が予想外にうるさくて、眠りが浅かったようだ。天気が回復してきたので、慌てて準備をして、平湯キャンプ場を後にした。

向かったのは高山の中心地から少し離れたところにあって、テーブル席は犬連れOKな「お食事処 大喜」。座敷とは別にテーブル席が3席くらいあり、そこはワンコも一緒に食事ができる。

山菜定食を注文した。

メインは郷土料理のほう葉味噌をのせた飛騨牛。これが食べたかった。

昼食後は高山の中心部を観光しようと街中に向かったが、駐車場難民を初めて経験した。小さめなキャンピングカーとはいえ、なかなか停められるところが見つからなかった。平湯キャンプ場で同じADRIA COMPACT SLに乗った先輩に、図書館の隣の駐車場がキャンピングカーもいけて安いぞと教えてもらったので、図書館を探したがカーナビに引っかからない。実際に走って探した結果、「高山市図書館煥章館」の隣にある正式名称「高山市営空町駐車場」をようやく見つける事ができた。確かに、2〜3台キャンピングカーが停まっていた。整理の人も停められそうな場所を探してくれるなど、親切にしてくれた。

あまり、観光の下調べをしてこなかったが、上一之町から上三之町、宮川を渡って高山陣屋まで気ままに散策した。

平成最後の日なので、ほう葉味噌と飛騨牛を買って、夕食は自炊して、TVでも見ながらゆっくりする事にした。暗くなりかけてきたので、急いで次の目的地白川郷へ向かった。

「道の駅 白川郷」泊の予定だったが、先に「白川郷の湯」に寄る事にした。目の前の駐車場は狭いので、キャンピングカーは停められない。系列の古民家風土産屋が近くにあるので、営業終了時間以降ならその店先に駐車させてくれる。「白川郷の湯」は外からは素朴な作りだが、中は最新の作りとなっていて快適だった。洗い場の待ちが出るほど盛況だった。

「道の駅 白川郷」に着いたのは、21時半くらいだったが、トイレが近い駐車場は満車に近い状態だった。道沿いのところで我慢しようと一旦駐車したが、奥に第2駐車場があることがわかり、そちらに移動した。傾斜もなく、静かで仮眠にはぴったりな環境だった。数台キャンピングカーが止まっていた。田んぼのすぐ横で、カエルが鳴いている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。