α7Riii の速写性とトリミング耐性

森林公園で撮った写真のつづき。α7Riii とSEL24105Gで撮影したものだが、評判が良かったのでこの写真も追加します。

シャッタースピード優先でISOオートで撮影。1/1000、ISO1000、F4、105mm。ニコニコ笑顔でノエルが走ってきたので、急いで電源オンして、1枚だけ撮影した。CAFで連写で撮った訳では無いのに、よく写った。実際は若干後ピンで、胸あたりに合焦してしまっている。

しかも横構図で撮影したのだが、縦構図の方がいいので、半分くらいを切り出した。元画像を編集したとしたら、4200万画素の半分を切り出したとしても、2000万画素はあることになる。高画素機のメリットか。

それにしても可愛い(親バカ)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。